プログラミング必修化は言語も大切

プログラミングの必修化が決まったことで、今後は小学校でもコンピューターの授業が始まることになります。
2020年度からスタートすることになりますが、これによって義務教育での早い時期からコンピューターに接する機会が増えてきます。
そのような背景もあり、子供向けのコンピューター教室など、民間でも数々の取り組みが実施されてきています。
このように早い段階からパソコンに触れる機会が増えてくることもあり、今後は子供たちがメインとなってパソコンを選ぶことも大切になります。

プログラム教育と聞くと、一見、難しそうなイメージもありますが、プログラムである良くあるような「コード書き」の科目がそのまま入ってくるわけではありません。
具体的には、算数、理科、総合的学習などの時間枠に採用されることが予定されています。
これは例えば、算数の場合は第2学年の内容に第5学年の内容を採り入れたり、一部を変えたりすることで様々な応用が可能になります。

このようなコンピューター学習を採用することで、生活や仕事に役立つ方法を学ぶことにも繋がります。
つまり、2017年3月に改訂された新学習指導要領は、コンピューターのしくみや取り扱い方を通して、様々なことに対応できる思考を身につけることを目的にしているのです。
現段階では、既にパソコンを使用した授業などを導入している学校もありますが、今後は義務教育の早い段階よりパソコンと接する機会が増加することで、プログラミング子供たちにいかに適したパソコンを見つけることかできるか、保護者の役割が重要なものになってきます。

プログラミングというと言語も注目されていますが、現在人気があるのが「Python」です。
人気急上昇中の言語ということもあり、小学生の中にも注目している子もいるはずです。
これはコードがとてもシンプルで文量も少なく、誰が書いても同じコードになることから、読みやすいといった特徴を持っています。
YouTubeやInstagramなどの有名なサイトの開発にも、このPythonが用いられているのは有名です。